Illustrator で作成時の入稿ガイド・注意点

Illustrator で作成時の入稿ガイド・注意点

Illustrator で作成時の入稿ガイド・注意点

 カラーモードはCMYKで作成

データ作成の際は、カラーモードを必ずCMYKカラーにして作成してください。
〔手順〕ファイルメニュー > ドキュメントのカラーモード > CMYKカラー

※通常のCMYK印刷機で印刷する場合、RGBモードで制作されたデータは色の再現性が落ちる場合があります。
上記手順により、始めにCMYKモードに設定してから作成していただくようにお願いいたします。

ファイルメニュー > ドキュメントのカラーモード > CMYKカラー

※RGBモードで作成したデータを途中でCMYKに変更すると、その際に色味が変わってしまいますので、作成前にカラーモードの設定をしてください。

※カラーモードに関する詳しい説明はコチラ >>

 特色印刷はできません

特色印刷はできません。

Illustrator上では、線や塗りに特色(DIC・スポットカラー)を指定することが可能ですが、オンデマンド印刷(4色カラー印刷)のため、特色部分のデータは全てCMYKに変換されます。

また、このCMYKへの変換の際に予想外のカラーに入れ替わる・または一部が印刷されない等、不具合が発生する恐れがありますので、特色(DIC・スポットカラー)は指定しない・使用しないでください。
※当社では色の変換について確認できません。

 データ上に特色指定がないか、下記手順でご確認ください。

特色マーク

〔手順〕
「ウインドウ」→「ドキュメント情報」で「選択内容のみ」のチェックをはずし、「特色オブジェクト」を選択。



以上の手順で、一覧に何も表示されない状態であることを、ご確認下さい。

 フォントはアウトライン化

デザイン内でフォントを使用する場合、必ず全て「アウトライン化」してご入稿ください。

パソコンによって搭載されているフォントが異なるため、アウトライン化されていないフォントがあると、別のパソコンで開いた時に「意図しないフォントに置き換わってしまう」場合があります。

アウトライン(図形)化することで、文字化け等のトラブルを防ぐことが出来ます。

〔手順〕
(1)「オブジェクト」→「全てのロックを解除」で、
ロックが全て解除されていることを確認後、
(2)「全てを選択」→「書式」→「アウトライン作成」

ロックを解除します

テキストオブジェクトを選択します

アウトラインを作成します

 アウトライン化されているか、下記手順でご確認ください。

〔手順〕
「書式」→「フォント検索」→「ドキュメントのフォント」

※「置換するフォント」部分になにも表示されなければ、全ての文字がアウトライン化されています。

以上の手順で、アウトライン化されているかの確認ができます。
トラブルを防ぐためにも、入稿前に必ず全てのデータをご確認ください。

 配置画像のサイズ・解像度は最適化

使用する画像の解像度は、原寸サイズで350dpiを推奨しています。

解像度は、推奨より低ければ低いほど、画質が粗く印刷されます。
また、もともと解像度の低い画像の画質を上げることはできません。
(低解像度データの解像度の数値を変更しても、解像度が高くなることはありません)

解像度が低い程、仕上がりが粗くなります

ご注意ください

画像は最適化してご入稿ください

解像度は、必要以上に高すぎても「ファイルが重くて編集・保存・送信などに時間がかかる」といった状態を招いたり、トラブルの原因となることがあります。

また、配置した画像はIllustrator上で縮小しても画像のデータ容量は変わりません。
必要以上に大きな画像を配置し、Illustrator上で縮小することを繰り返すと、データ容量がどんどん大きくなり、保存をするのも編集をするにも時間がかかるようになります。

イラレで配置した画像を縮小してもデータ容量は変わりません

 使用する画像を最適化する方法1(※Photoshopで元画像を編集)
 使用する画像を最適化する方法2(※Illustrator上でラスタライズ)

使用する画像を最適化する方法1

IllustratorやOfficeソフトに配置・挿入する前に、あらかじめ元画像を適切なサイズに変更しましょう。
そうすることで、配置後に縮小することなく、適正なサイズ(容量)の画像を使用することができます。

■ 画像サイズの確認・変更方法(Photoshopを使用する場合)

[イメージ]→[画像解像度]

例)適切なサイズと解像度
A4サイズでページ全面に配置する画像の場合、必要な画像サイズは216×303mm(塗り足し込み)・解像度350dpiです。
したがって、下記の画像は適切なサイズと解像度です。

例)使用するサイズより遥かに大きい
下記の画像は、サイズが約1.5メートル×2.1メートルもあります。
データサイズも1ギガを超えており、かなりの大容量データになってしまっています。

例)必要以上に高解像度
下記の画像は、サイズが216×303mmで適切ですが、解像度が1050dpiもあります。
カラー印刷であれば350dpiで大丈夫です。
※モノクロ印刷を希望する場合、「カラーモード:モノクロ2階調」であれば1200dpiを推奨しています。

既に大きな画像を配置・埋め込みして作成済のデータの場合、後から元画像のサイズを変更するのは手間が掛かります。
その場合は「ラスタライズ」という機能を使用し、Illustrator上で画像を適切なサイズに変更できます。

■ 配置画像を「ラスタライズ」で最適化する方法(※Illustratorのみ)

配置画像の場合は、必ず「埋め込み」を行ってから下記作業をしてください。
[リンク]→[画像を埋め込み]

(※埋め込んだ画像を「選択」した状態で)→[オブジェクト]→[ラスタライズ]
■カラーモードはCMYKを選択
■解像度はその他から350dpiを入力 ※カラー印刷の場合
■背景は透明を選択
■特色を保持のチェックを外す

上記の作業を行って保存をし直すと、370MBあったデータが48MBまで小さくなりました。

ご注意ください

ラスタライズは、オブジェクトを画像化するための機能で、上記作業は埋め込んだ画像を350dpiで再画像化した形となります。

ラスタライズ後は、配置したサイズで350dpi化されていますので、ラスタライズ後に拡大すると画質が下がってしまいますのでご注意ください。

 トンボ(トリムマーク)・塗足しについて

テンプレートをご用意しています。ダウンロードはコチラから

データには、必ずトンボ(トリムマーク)を必ずつけるようにお願いいたします。
トンボ(トリムマーク)は 仕上がり断裁時、必要となります。
※デザインで、タチキリを行う場合、仕上がりサイズより3mmの塗り足し(※注1)を付けるようにしてください。

(※注1)仕上がり線いっぱいまで絵柄があるデータの場合、断裁時に紙の白場(余白)が出ないように、仕上がり線より外へ3mm分、追加で絵柄を付けること。

塗足しについて詳しくはこちらをクリック >>

■ Illustrator CS2以前のバージョンの場合

〔手順A〕仕上がりサイズのオブジェクトを作成 →「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」
※塗足し(上下左右+3mm)が含まれたサイズでトンボを付けるのではなく、「仕上がりサイズ」でトンボを作成してください。

■ Illustrator CS3以降のバージョンの場合

〔手順B〕仕上がりサイズのオブジェクトを作成 →「オブジェクト」→「トリムマーク」
※塗足し(上下左右+3mm)が含まれたサイズでトンボを付けるのではなく、「仕上がりサイズ」でトンボを作成してください。

トリムマークの作成手順

データは塗り足しまで作成

※各サイズのテンプレートをご用意していますのでご利用ください。
テンプレートをダウンロードする >>

 見切れに注意

裁断の際には仕上がり位置より内側にずれることもありますので、
見切れて困る文字や図柄は、
最低でも、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしてください。

ギリギリにレイアウトされていたため、文字が欠けてしまったイメージ例

 ラスタライズ効果設定について

ドキュメントのラスタライズ効果設定(またはラスター効果設定)では、Illustrator上でドロップシャドウやぼかしなどの効果メニューを使用した部分の解像度を設定します。

この設定で解像度が低い(スクリーン(72dpi))と、効果部分が粗く印刷されてしまいます。

解像度が低いと、ギザギザに見えたり(ジャギー)します。

〔手順〕 ドキュメントのラスタライズ効果設定
「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果設定(または、ラスター効果設定)」
「カラーモード」→「CMYK」
「解像度」→「高解像度(300dpi)」
「特色を保持」→ チェックを外す

※一度72dpiの設定で適用された効果を、作業中に300dpiの設定に変更すると
  予期せぬ不具合が起こる場合がございますので、変更の際はくれぐれもご注意ください。

ドキュメントのラスタライズ効果設定

解像度を確認し、特色保持のチェックを外します

 塗りのパターン使用時の注意点

塗りのパターンを使用する場合は、必ず「分割・拡張」処理を行ってください。

塗りのパターンとは、スウォッチパネルにデザインパターンを登録し、塗りやブラシとして使用できる機能のことです。


この塗りのパターンを使用する場合は、必ず「分割・拡張」処理を行ってください。
そのままご入稿頂くと、印刷の際にパターンの絵柄がずれる、意図した見え方と異なった仕上がりになる等、予期せぬトラブルが発生する可能性がございます。

〔手順〕 
塗りパターンを使用しているオブジェクトを選択し、
「オブジェクト」→「分割・拡張」→ 設定画面で
「塗り」「線」にチェックを入れてOKをクリックしてください。

分割・拡張の場所です

パターンを使用したオブジェクトがパス化されたかどうか確認してください。

パス化されたか確認できます

 オーバープリント設定は使用しない

オーバープリント設定は使用しないでください。

オーバープリントとは、上に配置されている文字や図形オブジェクトと、下に配置されている文字や図形オブジェクトのカラーが、重なった状態で印刷する機能のことです。

例えば、
白(CMYKすべて0%)色のオブジェクトにオーバープリントが設定されていると、
白色のインクはないので透明となり、そのオブジェクトは印刷されないといったトラブルの原因になります。
また、白以外の色の場合でも、透明効果の乗算のように下の図柄が透けたりと予期せぬ仕上がりになる恐れがあります。

モニター上では見えている白いオブジェクトが、実際の印刷では飛んでしまう例です

データをご入稿いただく前に、オーバープリント設定がされていないか、必ずご確認ください。

〔手順〕
「属性」→「塗りにオーバープリント」「線にオーバープリント」のチェックを外してください

オーバープリントのチェックを外します

〔オーバープリント状態の確認手順〕
「表示」→「オーバープリントプレビュー」にチェックを入れると オーバープリント状態を画面上で確認することができます。

実際に印刷した場合のイメージをモニター上で確認できます

 保存形式について

Illustratorで作成したデータをご入稿いただく際のファイル形式は、
基本的にはそのまま(拡張子「.ai」)で問題ございません。

※あるいは、バージョンがCS以前であったり何か問題がある場合など、PDF形式(拡張子「.pdf」)でも結構です。
※本文ページのデータなどをご入稿の際は、PDF形式(拡張子「.pdf」)にして、全ページを1つのPDFファイルでご入稿ください。

IllustratorからPDF形式で保存する方法 >>

 AI形式でご入稿いただく場合は以下の点にご注意ください。

Illustratorで作成したデータは、そのままAI形式でご入稿いただいて結構です。
ただし、入稿用のデータは、保存する際に次の点をチェックしてください。

〔PDF互換ファイルを作成〕と〔配置した画像を含む〕にチェック。

AI形式で入稿する場合は、「PDF互換ファイルを作成」と「配置した画像を含む」にチェック

※「PDF互換ファイルを作成」にチェックがないと、弊社の作業でInDesignを使用する必要がある場合に、スムーズに変換できない場合があります。

InDesignなどでイメージが表示できない

 IllustratorからPDF形式で保存する方法

本文ページのデータなどは、PDFにして1つのファイルにまとめた状態でご入稿いただくと、ページ毎にレイアウトが異なったり順序がある場合など、抜け漏れや順序ミスなどデータトラブルの軽減・防止になります。

※Windows でも MaxOS でも同じ手順になります。

〔手順1〕
[ファイル]→[別名で保存]

イラストレーターからPDF保存の手順1

〔手順2〕
「ファイル形式」を[Adobe PDF(pdf)]に変更する

イラストレーターからPDF保存の手順2

〔手順3〕
「Adobe PDF プリセット」を[PDF/X-1a:2001(日本)]にする

イラストレーターからPDF保存の手順3

〔手順4〕
作成時の設定に合わせて「トンボと裁ち落とし」を変更する。
※新規ドキュメントでアートボードを「仕上がりサイズ・裁ち落とし3mm」にしている場合は下記の通り。
※大きなアートボードにトンボ付きで作成している場合は、特に問題ありません。

イラストレーターからPDF保存の手順4

 画像のリンク切れに注意

画像を埋め込みにしている場合、画像ファイルはご入稿いただかなくて結構です。

ただし、ファイル容量やその他の理由から、配置画像を埋め込みにせずにリンク状態でご入稿される場合については、必ずリンク画像を一緒にご入稿ください。

リンク状態で画像ファイルがない場合、弊社で印刷するデータから画像が抜け落ちますのでご注意ください。

画像をリンク状態でご入稿いただく場合は、必ず同階層にリンク画像を入れて入稿してください。
ページ毎にフォルダを分けたり、リンク画像をまとめて別フォルダに入れたり、階層が異なるとトラブルの原因になります。

 ヘアライン(極細線)について

ヘアラインを設定する場合は、0.3pt以上の設定をお願いいたします。0.3pt以下の細線は、印刷時にかすれが生じる場合があります。
※本文ページの罫線など、モノクロ印刷の場合は特にご注意ください。

 その他の注意点

・ファイル名は、必ず半角英数字にしてご入稿ください。
・印刷に不要なデータ(アウトライン前のデータ、印刷しないデータ、埋め込み済の画像データなど)を一緒に送らないようにご注意下さい。