データ作成の基礎知識&注意点

データ作成の基礎知識&注意点

データ作成の基礎知識&注意点のタイトル画像

 

印刷できるデータ形式(拡張子)

【推奨のデータ形式】

■ PSD形式(Photoshop):拡張子が「.psd」のファイル形式です。
※CLIP STUDIOなどのフリーソフトで作成の場合も「PSD形式」で保存したデータでご入稿いただければ対応可能です。

■ AI形式(Illustrator):拡張子が「.ai」のファイル形式です。

■ PDF形式: 拡張子が「.pdf」のファイル形式です。
※InDesign、Office系ソフトなどで作成した場合は、PDFに変換してご入稿ください。

【その他のデータ形式】

■ Word(doc/docx形式):Windows・maxOS 共に対応可能です。(※)

■ Powerpoint(ppt/pptx形式):Windows・maxOS 共に対応可能です。(※)

■ Pages・keynote:対応可能です。(※)

※いずれもPDF形式でのご入稿を強くオススメします。

WordやPowerpointは、Office2010以降のバージョンなら全て「名前を付けて保存」から直接PDF形式で保存可能です。
また、maxOSではPagesやkeynoteも含めて簡単にPDF書き出しが可能です。

PDFではなくそのままご入稿いただいた場合、OSやソフトのバージョン、PCの搭載フォント等の環境の違いにより、フォントの置き換わりや字間・行間・改行位置のズレといった体裁崩れなどが生じる可能性があります。
そのため、印刷前に弊社で変換したデータを返送しての校正が必要になり、校正の手間をはじめ納期の遅れに繋がる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

もちろん、PDF形式の書き出し方が分からない場合や、旧バージョン等の理由でPDFに出来ない場合は、そのままご入稿いただいても結構です。
その場合、弊社にて印刷用データに変換した後、体裁崩れがないか、ご確認用のデータをお送り致します。
(※お客様校正を行ってからの印刷・出荷になります)

■EPS形式、JPG形式、TIFF形式、PNG形式:その他、画像形式であれば対応可能です。
ただし、高品質なもの(原寸サイズで300dpi以上推奨)をご用意ください。

 

表紙周りの部位名称について

ご入稿データに関するご説明やご案内に際して、以下の用語を使用しております。

表紙まわりの部位名称についてオモテ表紙を【表1】、その裏面を【表2】、ウラ表紙を【表4】、その裏面を【表3】といいます。
また、表紙をめくって開いた状態の両端が「小口」、中央の綴じ部分を「ノド」といいます。

 

表紙データの作成サイズ

表紙データは、表1&表4の見開きサイズで作成してください。
また、表2&表3もデータ入稿の場合は、同じく見開きサイズで作成してください。
表紙データは、塗り足しを加えた見開きサイズで作成してください。無線綴じの場合は背幅の加算も忘れないようにご注意ください。

・仕上がりサイズ+塗り足し(上下左右+3mm)で作成してください。
・無線綴じの場合は、さらに背表紙の幅(+2.66mm)を加えて作成してください。
・中綴じの場合は、背表紙はありませんので背幅も不要です。
・背景が白の場合や、本文ページのデータは単ページで作成しても結構です。

中綴じの表紙データ(見開き)サイズ

注文 仕上がり(mm) 作成サイズ(mm)
A4 420×297 426×303
B5 364×257 370×263
A5 296×210 302×216
B6 256×182 262×188

無線綴じの表紙データ(見開き)サイズ

注文 仕上がり(mm) 作成サイズ(mm)
A4 422.66×297 428.66×303
B5 366.66×257 372.66×263
A5 298.66×210 304.66×216
B6 258.66×182 264.66×188

 

本文データの作成サイズ

本文データは、見開き・単ページどちらで作成されても結構です。
ただし左右で異なるデザイン(見開きデザイン)の場合は、見開きで作成してください。
本文データは、見開き・単ページどちらで作成されても結構です。ただし塗り足しを忘れないようにご注意ください。

・仕上がりサイズ+塗り足し(上下左右+3mm)で作成してください。
・背景が白の場合は、表2・表3(表紙のウラ&裏表紙のウラ)も単ページで結構です。
・本文は見開きで作成する場合でも背幅の加算は不要です。

単ページの本文データ作成サイズ(中綴じ・無線綴じ共通)

注文 仕上がり(mm) 作成サイズ(mm)
A4 210×297 216×303
B5 182×257 188×263
A5 148×210 154×216
B6 128×182 134×188

見開きの本文データ作成サイズ(中綴じ・無線綴じ共通)

注文 仕上がり(mm) 作成サイズ(mm)
A4 420×297 426×303
B5 364×257 370×263
A5 296×210 302×216
B6 256×182 262×188

 

見開きデータの左右について

表紙の見開きデータ(表1&表4)を作成する際は、左右の配置にご注意下さい。

左綴じは、データに向かって「右側が表紙(表1)・左側が裏表紙(表4)」になります。
右綴じは、データに向かって「左側が表紙(表1)・右側が裏表紙(表4)」になります。
表紙と裏表紙の配置に注意

無線とじの場合は、中身となる本文を表紙でくるむような形の製本です。
→ 無線綴じは中央に2.66mm幅の背表紙が出来ます。
中綴じの場合は、重ねた紙を2つに折って中央を針でとめる製本です。
→ 中綴じは、背表紙(背幅)はありません。

 

塗り足しについて

フチなし印刷をご希望の際は、塗り足しが必要です。

紙の端まで写真や絵柄などの背景・色がある「フチなし印刷」をご希望の場合、作成データに「塗り足し」が必要です。
塗り足しがないと、断裁の際に生じるズレ(これは技術上防ぎようがありません)によって、紙の白場(下地の紙の色)が出てしまいます。
塗り足しがないと意図せぬ不均等な白場が出来てしまいます。

塗り足しは、仕上がりサイズの上下左右にそれぞれ+3mmずつ作成してください。
塗り足しは、仕上がりサイズの上下左右に+3mmずつです。


下図の点線部分が仕上がりサイズです。
この仕上がりサイズより外側にある実線部分までが塗り足し部分です。
塗り足しは上下左右に3mmずつ必要です。
塗り足し部分が分かる参考画像です。

■そもそも「塗り足し」ってなに?

そもそも、印刷会社ではご注文の製本サイズよりも大きな紙に印刷し、製本してから仕上がりサイズに断裁します。
大量の紙をまとめて断裁するので、数mm程度のズレは必ず生じてしまうのです。

そのため、多少ズレても紙の端まで色が載った仕上がりになるように、印刷用のデータはあらかじめ上下左右にそれぞれ3mmずつ大きめに作ります。その上下左右に大きめに作る部分を「塗り足し」と言います。
※断裁時に生じるズレに対する予備的な部分だと思ってください。
印刷後の断裁イメージの画像です。

 

見切れについて

断裁時の誤差(ズレ)対策で、文字や画像の「見切れ」にも注意が必要です。

断裁による誤差(ズレ)は、当然ながら外側だけでなく内側にズレることもあります。
内側にズレると白場が出てしまうように(=対策が「塗り足し」)、外側にズレると見切れが生じます。

そのため、見切れて困る文字や図柄は最低でも仕上がりサイズ(断裁位置)から5mm以上内側に配置するように作成しましょう。
見切れて困る文字や絵柄は仕上がり線(断裁位置)よりも5mm以上内側に配置してください。
また、見切れには至らない場合でも、紙面ギリギリまで文字があると「読みづらい」「ちょっとオシャレではない」といったバランスの悪さにも繋がりますので、適切な「余白」を意識して作成してみましょう。

 

画像の解像度について

使用する画像の解像度は、原寸サイズで350dpiを推奨しています。

解像度は、推奨より低ければ低いほど、画質が粗く印刷されます。
また、もともと解像度の低い画像の画質を上げることはできません。
(低解像度データの解像度の数値を変更しても、解像度が高くなることはありません)
解像度は原寸で350dpi以上が推奨です。

 

画像は最適化をお願いします

画像のサイズ・解像度は最適化してご入稿ください

データをきれいに印刷するには高解像度の画像が必要となりますが、
フルカラー印刷の場合、原寸サイズで解像度350dpiが推奨値となります。

解像度は、350dpi以上にしても仕上がりにほぼ違いはなく、むしろデータの容量が極端に大きくなる為、編集・保存・送信に時間がかかったり、データ送信時の破損やエラー等トラブルの原因となります。

使用する画像のサイズ・解像度を最適化する方法1

IllustratorやOfficeソフトに配置・挿入する前に、あらかじめ元画像を適切なサイズに変更しましょう。
そうすることで、配置後に縮小することなく、適正なサイズ(容量)の画像を使用することができます。

■画像サイズの確認・変更方法(Photoshopを使用する場合)

[イメージ]→[画像解像度]
使用する画像はあらかじめ解像度を調整しましょう
例)適切なサイズと解像度
A4サイズでページ全面に配置する画像の場合、必要な画像サイズは216×303mm(塗り足し込み)・解像度350dpiです。
したがって、下記の画像は適切なサイズと解像度です。
適切なサイズと解像度の例
例)使用するサイズより遥かに大きい
下記の画像は、サイズが約1.5メートル×2.1メートルもあります。
データサイズも1ギガを超えており、かなりの大容量データになってしまっています。
サイズが大き過ぎる例
例)必要以上に高解像度
下記の画像は、サイズが216×303mmで適切ですが、解像度が1050dpiもあります。
カラー印刷であれば350dpiで大丈夫です。
※モノクロ印刷を希望する場合、「カラーモード:モノクロ2階調」であれば1200dpiを推奨しています。
解像度が高すぎる例

使用する画像のサイズ・解像度を最適化する方法2

既に大きな画像を配置・埋め込みして作成済のデータの場合、後から元画像のサイズを変更するのは手間が掛かります。
その場合は「ラスタライズ」という機能を使用し、Illustrator上で画像を適切なサイズに変更できます。

■画像サイズの確認・変更方法(Photoshopを使用する場合)

配置画像の場合は、必ず「埋め込み」を行ってから下記作業をしてください。
[リンク]→[画像を埋め込み]
画像を埋め込みの方法
(※埋め込んだ画像を「選択」した状態で)→[オブジェクト]→[ラスタライズ]
■カラーモードはCMYKを選択
■解像度はその他から350dpiを入力 ※カラー印刷の場合
■背景は透明を選択
■特色を保持のチェックを外す
ラスタライズの方法
上記の作業を行って保存をし直すと、370MBあったデータが48MBまで小さくなりました。
ファイル容量の変化

ラスタライズは、オブジェクトを画像化するための機能で、上記作業は埋め込んだ画像を350dpiで再画像化した形となります。

ラスタライズ後は、配置したサイズで350dpi化されていますので、ラスタライズ後に拡大すると画質が下がってしまいますのでご注意ください。

 

特色印刷は出来ません。

特色印刷は出来ません。

オンデマンド印刷は4色カラー印刷のため、
特色印刷はできません。

ご入稿データの線や塗りに特色(DIC・スポットカラー)が指定されている場合は、全て印刷用データへの変換作業時に近似値のCMYKカラーに変換されます。

CMYKへの変換の際、予想外のカラー・見え方になることがありますので、特色(DIC・スポットカラー)は指定しない・使用しないようにご注意ください。
※特色の使用による仕上がり時の色味の変化について、当社では一切確認できません。
また、一切の責任を負いかねます。

 

カラーモードと色味の変化について

印刷の色は「CMYK」で表現されます。

「RGB」で作成されたデータでも印刷は可能ですが、
印刷する際は「CMYK」で表現可能な色に変換して出力されます。

そのため、RGBのデータをご入稿の場合、モニタで見るよりも多少色がくすみますので予めご了承ください。

印刷の際にRGBはCMYKに変換されるため色がくすんだ漢字になります。
※上図はあくまでイメージとなります。色味によって変化は異なりますのでご注意ください。

■ 「RGB」と「CMYK」の違いは?

「RGB」がモニタ(ディスプレイ)上で再現できるカラーに対し、
「CMYK」は印刷で再現できるカラーのことを指します。

「RGB」の方が色表現領域が広いため、「CMYK」では再現できない色領域があります。
「CMYK」で再現できない色表現については、「CMYK」で表現できる色に変換されてしまいます。

そのため、「CMYK」である印刷物は、ディスプレイで見る「RGB」のデータよりも色がくすんでしまいます。
この点は予めご了承ください。

また、CMYKで5%以下に設定された色は、モニターでは見えても印刷では見えない仕上がりになる可能性があります。併せてご注意ください。

 

ファイル名の付け方について

ファイル名は、必ず半角英数字にしたうえでご入稿ください。
ファイル名に全角文字を使用すると、データ送信時のエラーや破損などトラブルの原因となります。

 

ファイルの圧縮形式について

ご入稿いただくデータが複数ある場合は、圧縮ファイルにしてご入稿ください。
圧縮ファイルは「zip形式」を推奨しています。【圧縮方法】
・Windowsの場合・・・フォルダを右クリック→「送る」→「圧縮(Zip形式)フォルダー」
・Mac OSの場合・・・フォルダを右クリック→「ファイル名」を「圧縮」