InDesign で作成時の入稿ガイド・注意点

InDesign で作成時の入稿ガイド・注意点

InDesign で作成時の入稿ガイド・注意点

 入稿データ形式(拡張子)について

InDesignをご使用の場合は必ずお客様にてPDF形式に変換したファイルでご入稿ください
InDesign は互換性の問題により、そのままご入稿いただくと対応できないことがあります。
そのため、必ずお客様にてPDF形式に書き出してから、ご入稿下さい。

 PDFの書き出し方法について

InDesign は互換性が低いため、必ずPDF形式に書き出してご入稿ください。

※画像はWindows ですが、MacOS でも同じ手順です。

〔手順1〕[ファイル]→[書き出し]

ファイルメニューから書き出しを選択
↓

〔手順2〕ファイル名と保存場所を指定したら[保存]をクリック

ファイル名と保存場所を指定
↓

〔手順3〕ダイアログが開くので、PDF書き出しプリセットをPDF/X-1a(日本)にする

PDF書き出しプリセットを印刷用に設定

ご注意下さい

1ページずつレイアウトが異なる本文ページのデータなどは、
見開きではなく、必ず「単ページ」でPDFを作成してください。

※「一般」の設定から「見開き印刷のチェックを外す

本文ページは単ページで作成

↓

〔手順4〕「トンボと裁ち落とし」でトンボにチェックを入れ裁ち落とし(=塗り足し)を設定する。

※ドキュメント設定で裁ち落としを既に設定している場合や、ドキュメントが塗り足しを含んだサイズの場合は、画像とは同じでなくても結構です。

トンボを付けてPDF作成


PDF書き出し後は必ずPDFファイルを開いて体裁を確認してください。

 トンボを付けてください

データは内トンボ・外トンボ・センタートンボを付けて書き出してください。


※トンボの設定方法はこちら >>

 フォントの埋め込み確認について

フォントがすべて埋め込みになっているか、PDFファイルを開いてご確認下さい。

〔手順1〕PDFを開いて、[ファイル]→[プロパティ]

ファイルを開いてプロパティから確認できる

〔手順2〕タブを[フォント]にして、フォントの埋め込みを確認。
 (※「埋め込みサブセット」の文字があればOK)

埋め込み出来ているか必ず確認する


埋め込みになっていないと意図せぬ体裁崩れ等のトラブルの原因になります

 データのサイズ確認について

サイズが原寸サイズになっているか、PDFファイルを開いてご確認下さい。

〔手順1〕PDFを開いて、[ファイル]→[プロパティ]

ファイルを開いてプロパティから確認できる

〔手順2〕タブを[概要]にして、ページサイズを確認。
 (※トンボありだと上下・左右が+20mmになる)

トンボありで書き出すと設定サイズから縦横それぞれ+20mmのサイズになる