PDF のデータ入稿ガイド・注意点

PDF でデータ入稿する際のご入稿ガイド・注意点

PDF でデータ入稿時のガイド・注意点

 フォントの埋め込み確認について

フォントがすべて埋め込みになっているか、PDFファイルを開いてご確認下さい。

〔手順1〕PDFを開いて、[ファイル]→[プロパティ]

ファイルを開いてプロパティから確認できる

〔手順2〕タブを[フォント]にして、フォントの埋め込みを確認。
 (※「埋め込みサブセット」の文字があればOK)

埋め込み出来ているか必ず確認する


埋め込みになっていないと意図せぬ体裁崩れ等のトラブルの原因になります

 データのサイズ確認について

サイズが原寸サイズになっているか、PDFファイルを開いてご確認下さい。

〔手順1〕PDFを開いて、[ファイル]→[プロパティ]

ファイルを開いてプロパティから確認できる

〔手順2〕タブを[概要]にして、ページサイズを確認。
 (※トンボありだと上下・左右が+20mmになる)

トンボありで書き出すと設定サイズから縦横それぞれ+20mmのサイズになる

 Office(Windows) → PDF変換方法

MS Office のバージョンが2007以前のソフトでPDF

「Adobe Acrobat」をお持ちの場合は、Adobe PDFプリンターを参照してください。
「Adobe Acrobat」がない場合は、Primo PDFを参照してください。

MS Office のバージョンが2010以降のソフトでPDF

「Adobe Acrobat」をお持ちの場合は、Adobe PDFプリンターを参照してください。

Powerpoint・Word・Excelでデータを作成の場合、
2010以降のバージョンなら下記の手順でPDF形式のファイルに書き出し・変換が可能です。

office2010以降のソフトからPDFに書き出す方法

※画像はPowerpointの2016ですが、wordでも、2010・2013でも手順は同じです。

〔手順1〕
メニューの [ファイル] から [名前を付けて保存] をクリック

名前を付けて保存をクリックします

〔手順2〕
[ファイルの種類] を [PDF] に変更する

ファイルの種類をPDFにします

〔手順3〕
ダイアログ内に現れる [オプション] をクリック

ファイル名と保存場所を決めたら「オプション」をクリックで開きます

〔手順4〕
「フォントの埋め込みが不可能な場合はテキストをビットマップに変換する」にチェック
(※Excelはこの項目がありません。)

フォントの埋め込み設定をします


PDFに変換後は必ず生成されたPDFファイルを開いて、体裁崩れがないか確認すること

 Office(Mac OS) → PDF変換方法

MS Office (for Mac)のソフトでPDF

Mac OS では、以下の手順でPDF形式のファイルに書き出し・保存が可能です。
※幾つかの方法がありますが、ここでは1つのみ紹介します。

office for MacのソフトからPDFに書き出す方法

※Powerpointでもwordでも、基本的に手順は同じです。

〔手順1〕
メニューの [ファイル] から [名前を付けて保存] をクリック

名前を付けて保存をクリックします

〔手順2〕
[ファイルの種類] を [PDF] に変更する

ファイルの種類をPDFにします

※Wordでも手順は同じです。

ファイルの種類をPDFにします

指定した場所に、PDF形式のファイルが生成されます。


PDFに変換後は必ず生成されたPDFファイルを開いて、体裁崩れがないか確認すること

 Adobe PDFプリンター → PDF変換方法


Adobe Acrobat がある場合のPDF変換方法

・PDFの形式は、「PDF/X-1a」形式で保存していただくと、トラブル無く出力できます。
・文字データは必ず全て埋め込んでください。

〔手順1〕
[ファイル] → [印刷] → プリンターを [Adobe PDF] → [プリンターのプロパティ]

プリンターでAdobePDFを選び、プロパティを開きます

〔手順2〕
[PDF設定] → [PDF/X-1a:2001(日本)] → [編集]

PDF設定を「x-1a」にして「編集」を開きます

〔手順2〕
[フォント] → [すべてのフォントを埋め込む] にチェック → OK

全てのフォントを埋め込む

〔手順4〕
[ページサイズ] → プルダウンから目的のサイズを選択

プルダウンでサイズ選択

プルダウンに目的のサイズがない場合は追加できます

〔サイズ追加の手順1〕
[ページサイズ] の横の [追加] をクリック

PDFに書き出したい任意のサイズを追加することが出来ます

〔サイズ追加の手順2〕
用紙名(自分で分かるような任意の名前でOK)、幅、高さを入力して [追加/変更]

追加するサイズは分かりやすい名前を付けて置くと便利です。

〔サイズ追加の手順3〕
プロパティを閉じてから、改めて開き直し、追加したサイズを選択

追加したサイズは、プロパティを開き直すと選ぶことが出来ます

〔手順5〕
プロパティで手順2~4が完了したら、[OK] → [印刷]

印刷ボタンをクリックするとPDFファイルが生成されます

指定した場所に、PDF形式のファイルが生成されます。


PDFに変換後は必ず生成されたPDFファイルを開いて、体裁崩れがないか確認すること

 Primo PDF → PDF変換方法

ソフトウェアのダウンロード

Primo PDFをダウンロードします。 URLからダウンロードをお願い致します。
(※外部サイトです)
http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/

ソフトのインストールについては、
PrimoPDF サポートページの「PrimoPDF ユーザー マニュアル」をご覧ください。
http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/support.html

PDF変換手順

〔手順1〕 ファイル→印刷を選択→プリンタを選ぶ Primo PDF
〔手順2〕 プリンターのプロパティをクリックします。

印刷からプリンターの種類でPrimoPDFを選びます

〔手順3〕 用紙/品質をクリックします。
〔手順4〕 詳細設定をクリックします。


〔手順5〕 印刷品質を1200dpiに設定します。
〔手順6〕 OKをクリックします。


〔手順7〕 OKをクリックします。


〔手順8〕 印刷をクリックします。


〔手順9〕 プリプレスを選択します。
〔手順10〕 ファイルの保存先を指定します。
〔手順11〕 PDFの作成をクリックするとPDF変換し、指定先にPDFデータが保存されます。


PDFに変換後は必ず生成されたPDFファイルを開いて、体裁崩れがないか確認すること